環境に合わせた選び方|防犯カメラは犯罪の証拠としても役立つ!製品で決定的瞬間を録画する

場所を選ばずに設置できる!暗闇や雨風の中でも録画できる防犯カメラ

環境に合わせた選び方

防犯カメラ

防犯カメラの選び方

防犯カメラは、目的によって何を選ぶかが変わります。高画質な動画を録画したいなら、4K動画にまで対応をしているタイプのものを購入します。長時間録画がしたいなら、大容量HDD搭載のものを選ぶといいでしょう。自分が何のために防犯カメラを使うのかが分かれば、適切な製品も自ずと浮かび上がってきます。万引きを減らしたいというのであれば、ダミーカメラでも十分かもしれませんね。予算によっても選ぶべき製品は当然変わります。

最新!録画機能がある防犯カメラ

昔の防犯カメラは、ただ単に人の目の代わりをするものでしかありませんでした。別の場所にあるモニターにお店の様子を映し出すのが主な役割であって、録画機能は付いていないのが普通でした。長時間に渡る動画データを保存できるほど、ストレージの容量が大きくなかったからです。しかし、最近はダミーのものでもない限りは、防犯カメラには標準で録画機能が付いています。付いていなかったとしても、パソコンにデータを送れば、ソフトを使って録画可能です。

設置場所でカメラ選びが変わる

屋外に設置するか、屋内に設置するかで、防犯カメラの種類は変わります。屋外タイプのものなら、雨風がしのげるようにカバーが付けられているものが多くなりますね。子どもに石を投げられたりすることもあるでしょうし、鳥や虫によって壊されそうになることもあります。ですから、屋外タイプのものならカバーはほぼ必須でしょう。ドーム状にカバーがついているものなら、設置から十年以上が経過しても、購入当初と性能がほぼ変わりません。

防犯カメラに関するQ&A

近くに電源がない場合はどうするの?

屋外用の防犯カメラの中には、ソーラーパネルを搭載しているものもあります。それなら、近くに電源がなくても長期間安定的に稼働をしてくれます。電気代もほとんどかかりません。

暗闇でも録画できるの?

光源がない真っ暗闇の中でも、赤外線を使って録画ができるものが発売されています。ナイトビジョンカメラや暗視カメラという呼び方がされますが、割とメジャーなタイプなので入手も容易です。